【季節の仕事】赤じそジュース作り方 レシピ

記事内に広告が含まれています。

暑い時期においしく飲める赤じそジュースを作りました。大原千鶴さんが今日の料理で紹介されたレシピです。梅しごとのついでにでも、作ってみませんか。これを作っている時、キッチンが赤じそのいい香りに包まれますよ。

赤じそ
スポンサーリンク

赤じそジュース作り方

材料

材料

赤じそ(葉の部分のみ)200g
青じそ 10枚くらい
クエン酸(食品用)大さじ1
水・・・1ℓ

赤じそは短時間で煮るのがコツです

作り方

①赤じそは茎から葉を摘み取り、重さをはかり、水でよく洗う。青じそもよく洗う。

②①をざるにあげ、水気をよくきる。

③沸騰した鍋に、赤じそを3回に分けて煮る、1分位で赤じそを鍋からあげボウルに引き上げる。

④青じそも、同じ鍋でゆでる。同じく1分位でひきあげ、赤じそ、青じそを軽く絞り、不織布で汁をこす。

⑤クエン酸を加え全体を溶かす。あざやかな赤紫色になります。

※甘いジュースにしたい場合は、クエン酸を加えた後に砂糖またはハチミツを400g程度加える。

※粗熱がとれたら、清潔な保存容器に入れ保管する。

*洗う前の葉は冷蔵庫で5日間保存できる
*サラダスピナーなどを使うと水けがよくきれる
*青じそを加えると爽やかになる
*ギューッと絞ると、くせがでるので注意

※保存期間 保存は冷蔵庫で1ヶ月保存可能 
炭酸水や焼酎で割って飲んでもおいしいです。

赤しそジュース

よろしければこちらもどうぞ↓

【梅仕事】梅ジュースの瓶 比較

【梅】ジップロックで梅干し 作り方

コメント