【あさイチ】ツイQ楽ワザ ニットもダウンも!自宅でできる冬物洗濯術 1月31日

記事内に広告が含まれています。
ダウンジャケット洗濯法

冬の間に着たニットやダウンは、クリーニングに出すと高くつきますよね。でも、自宅で洗うと型崩れや縮みの心配があります。

2024年1月30日放送の「あさイチ」で紹介された自宅でできる冬物洗濯術をご紹介します。

スポンサーリンク

失敗しないニットの洗濯方法

ニットは自宅で洗えるものが多いそうです。

洗い方を少し工夫するだけで縮みを軽減できます。クリーニング師の茂木康之さんに教えてもらいました。

著:洗濯ブラザーズ
¥1,509 (2023/11/06 09:22時点 | Amazon調べ)

洗濯ネットを使用し余白は縛る

ニットへのダメージをできるだけ少なくするため、洗濯ネットの中で動かない状況を作ると縮みを抑制できます。

洗い方

ドライモードまたは脱水を1分以内に設定する。おしゃれ着用の中性洗剤を使い、洗濯機で洗う場合は、洗濯ネットに入れて余ったネットの生地は縛る。

乾かし方

乾かすときは、服の重さで伸びないようにニットを平らな場所に広げて乾かす。

部屋にスペースがない時
スペースがない場合は、ハンガーを2つ使ってすそをかける「お化け干し」が有効。

ウールは繊維の表面が鱗状で、長く水に浸すと開いてしまうため、短時間での洗いと脱水が重要です。また、摩擦を最小限に抑えることも大切です。

やり方とポイントをおさえれば頻繁に洗えます。

スポンサーリンク

縮んだウールの修正方法

ウールのセーター

縮んでしまった場合は、スチームアイロンの蒸気を当てると元のサイズに戻せますよ。

アイロンを直接当てると光沢が出てしまうので、必ず蒸気を使います。

① スチームアイロンを用意します。

② スチームアイロンは低温で、繊維に直接触れないように注意して、浮かして蒸気をかけながら生地を優しく伸ばす。強く引っ張ると繊維が損傷する可能性があるため、注意が必要です。

③ 縮みが復元できたら、形を整えて風通しの良い場所に吊るして保管します。

※全体的に縮んだ場合はそれぞれパーツごとに行う。

ダウンジャケットの洗い方

ダウンジャケット

ダウンジャケットは、水洗い可のものなら自宅で洗えます。ただし、洗濯表示を必ず確認してください。

洗剤メーカーの福地 奈津子さんに教えてもらいました。

この方法により、ダウンジャケットを簡単かつ効果的に自宅で洗濯し、ふわふわな状態に保つことができます。

前処理

まず、ダウンジャケットに破れや傷がないかを確認します。

汚れている場所(衿元や袖口など)あらかじめスポンジを水でぬらして、そこに洗剤の原液をつける。

おしゃれ着用の中性洗剤を適量スポンジに含ませ生地をたたく

こすると反対に汚れを中に入れてしまうので、表面をたたいて落としていきます。

手洗い

洗濯ネットに入れて、桶やバケツにぬるま湯(35℃~40℃)洗濯洗剤(中性・おしゃれ着用)5mlをよく溶かし、やさしく押し洗いする。
洗った後は1分ほど脱水する。

洗ったら1分ほど脱水します

すすぎ

洗濯機から取り出し、桶やバケツにすすぎ用の水を入れ押し洗いし、すすぎの2回目で柔軟剤を入れる。

2回目のすすぎで柔軟剤を入れるとふんわりとした仕上がりになる。

脱水

1分間脱水します。洗濯機から出したら、そのまますぐに干します。

干し方・乾燥

脱水まで終わったら洗濯機から取り出し、全体を振りさばいてから厚手のハンガーにかけて干す。ダウンの羽毛が片寄っていても、そのまま干す。

そのまま厚手のハンガーにかけ2日ほど陰干し
ある程度乾いて羽毛がほぐれる状態になったら手で整える
しっかり乾いたら、持つ場所を変えながらダウンジャケットを振りさばく。
※乾いた羽毛が全体に行き渡るそうです。

皮、特殊な加工、シームレスダウンは家では洗えません。

家で洗える素材は?

洗濯衣類乾燥機

素材別の扱い方は以下の通りです。

水洗いができる素材とできない素材を見分ける。綿・麻・合成繊維は水洗いOK、ウール・カシミヤ・シルクは手洗い、キュプラ・レーヨン・アセテートはクリーニング店に出すのをおすすめします。

家で洗える素材

  • 洗濯機OK: 綿、麻、ナイロン、ポリエステル
  • 手洗い推奨: ウール、カシミヤ、アンゴラ、シルク
  • クリーニング店推奨: キュプラ、レーヨン、アセテート

あさイチ ツイQ楽ワザ 自宅でできる冬物洗濯術 まとめ

以上が、あさイチで紹介された冬物洗濯術のまとめです。自宅でできる洗濯ワザを活用して、冬物をきれいに保ちましょう。この記事がお役に立てば幸いです。

コメント