【あさイチ】おとなのビューティメソッド 40代からのメイク&ヘア MEGUMIさんも実践 2月5日

記事内に広告が含まれています。
スキンケア

2024年2月5日放送されたあさイチの内容をお伝えします。

MEGUMIさんが出版した美容本は、MEGUMIさんが10年間で試した1,000種類以上の美容製品の中から、実際に効果があり、非常に優れたものだけを集めた内容が収められています。

年齢を重ねるごとに変わる外見に適応しながら、美容法をアップデートしてきたMEGUMIさんの美容法の数々は、数多くの女性から支持を得ています。

ダイヤモンド社
¥1,650 (2024/02/05 08:18時点 | Amazon調べ)

今、MEGUMIさんのように、40代頃からそれまでの美容法を切り替えていくことに関心が集まっています。

大手化粧品メーカーも、40代のメイクアップ方法の見直しを推奨しており、年齢に応じたメイクアップへの切り替えを提案しています。

スポンサーリンク

40代見直しメイクのポイント

たるみ、しわ、しみなどで暗く見えがちな大人の肌も、メイクの方法を少し変えるだけで、立体感と輝きを持った肌に変わります。

大人のための見直しをメイクアップアーチストの齋藤有希子さんに教えてもらいました。

著:齋藤 有希子
¥1,380 (2024/02/05 09:44時点 | Amazon調べ)

齋藤さんは大手化粧品会社で女優さんの広告メイクを担当されています。大人のための見直しメイクの達人です。

歳を重ねるとふえるしみ、しわ、たるみ、肌を暗くして影を作りだしてしまいます。

そのためツヤのある立体的なメイクに切り替え、ツヤのある明るくみせるメイクが大事だと言います。

40代が目指したいメイクはツヤと透明感を感じる肌。今ままでと同じアイテムでもいいけど、コツを見直すといいそうです。

スポンサーリンク
メイク道具

下地の重要性

40代以降の肌悩みに対応するため、下地をうまく活用することが重要です。肌を明るく見せ、立体感を出すために、黄ぐすみを消してくれるラベンダー色の下地が推奨されます。

40代以降は下地をできるだけ大人に肌悩みがある方に活用してほしいです。

顔が明るく見えるし、立体感も出ます。黄ぐすみを消してくれるラベンダーがおすすめ。

プロが提案する下地の塗り方

下地の塗り方

1.下地は目の周りを重ねづけ。伸ばさないでトントンを置いていくように。

2.下地を顔全体にのせていく。

3.影がでやすい目の周りに重ねると顔全体が明るくなります。

4.目の上もしっかりと重ねる。

ファンデーションの塗り方

次のステップです。

保湿成分や美容液成分を豊富に含むリキッドファンデーションがよいそうです。顔の中心にのみ塗る部分塗りを推奨し、顔全体に塗ることは避けます。

保湿、美容液成分が多く含まれているので、大人肌に合っています。

リキッドファンデーションは部分塗りがおススメです。

ポイントは、顔全体に塗らない、顔の中心だけのせる。です。

リキッドファンデーションの塗り方

①黒目の下から塗る。

② トントンを置くように広げる

③ 小鼻や口の周りの凹凸がある部分。毛穴にあうようにクルクルまわして塗る。

④額や側面は湯にに残った部分で塗る。

顔の中心をしっかり塗ることで立体感がでる

ファンデーションに頼り過ぎないこと。下地と両方でつくってあげたほうが40代の肌は生き生き見えるそうです。

パウダーの使い方

パウダーはテカリやすいTゾーンにのみ軽くのせ、下地を活かすことが重要です。不必要に全てを隠そうとせず、自然な美しさを目指します。
ファンデーションやパウダーは顔の中心だけ主にのせること。

不必要に全部隠そうと思わない方がいいです。

コンシーラーの適切な使い方

コンシーラーは、隠したい部分にのみ適量を使用し、メイク全体が完成した後に気になる部分にのみ使います。
全てのメイクが終わったあと、気になるところだけ使って下さい。

眉:柔らかく上昇する眉で若々しさを 年齢を重ねると、顔のたるみが目立ちやすくなり、特に横顔や斜めから見た時の下垂したラインが顕著に。眉は顔の中でも印象を大きく左右するパーツですから、自然に上向きの眉形を意識することが大切です。

眉の最も高い点を眉頭より少し高めに設定し、そこから眉尻にかけて優しく描いていきましょう。重要なのは、眉尻を眉頭より低くしないこと。これにより、横顔もすっきりと見えます。

まつげ

まつげ:上向きのまつげで明るい目元に ポイントは、まつげをしっかり上げること。まつげを上向きに保つだけで、顔全体がはっきりと若々しく見えます。

ビューラーは大人のメイクに欠かせないアイテムです。力を入れすぎずに優しく使用し、まぶたのたるみを目立たなくさせましょう。

マスカラは、形を整えてキープする程度で十分です。下まつげにも忘れずに塗りましょう。

下まつげにアイシャドーを使うのもオススメです。これにより、顔をより小さく、華やかに見せることができます。

さらに、40代からはヘアスタイルにも大きな変化が。現在話題の白髪ぼかしハイライトは、明るい色のハイライトを部分的に入れて、白髪を隠しつつ洗練された印象を与える技法で人気です。

初心者にもやさしい方法をご紹介します。

白髪を染める

美容ジャーナリスト・毛髪診断士の伊熊奈美さんに教えてもらいました。

白髪ぼかしハイライト

白髪ぼかしハイライトとは、白髪を染めずにハイライトを入れることで、白髪との色の差をなじませるカラーリングの方法です。

白髪ぼかしハイライトのメリットは、以下のようなものがあります。

  • 髪に立体感や透明感が出る
  • 3ヶ月ほどは白髪が伸びてきても目立ちにくい
  • 明るいカラーも楽しめる
  • 髪や頭皮へのダメージを軽減できる

白髪ぼかしハイライトのデメリットは、以下のようなものがあります。

  • 美容師の技術力が必要
  • ブリーチを使うので髪が痛むこともある


髪の痛みを軽減するポイント
染めた後のケアをしっかりする⇒髪が傷みやすいのですぐにトリートメント。
1週間はカラーケア用シャンプー&トリートメントをする。

白髪のリタッチコスメとは、自宅で出始めの白髪を隠すために使うアイテムのことです。

白髪のリタッチコスメには、以下のような種類があります。

ヘアカラートリートメント

トリートメントのかわりに使うもの。ほんのり色もつきます。
特徴:は主に白髪だけに色がのり、自然にぼかせる。色が落ちやすいので好きな色にトライしやすい。

ワンデーリタッチコスメという1日だけというタイプ。いろいろな製品があります。

マスカラ型

ちらほら白髪がある場合

  • 特徴: マスカラのようなブラシで細かい部分に塗るタイプ。シャンプーで簡単に落とせる。
    使い方:白髪を指にとりピンと張る。横に張ることで塗りやすくなる。髪の裏側も忘れずに(しっかり乾かす)
  • 利点: 細かい部分や生え際のリタッチに最適。量の調整がしやすく、より自然な仕上がりになります。
  • 欠点: 大面積の白髪には時間がかかることがあります。

ファンデーション型

分け目&生え際の白髪の場合

  • 特徴: パウダーをブラシで髪に塗布するタイプ。自然な仕上がりが期待できます。
  • 使い方:目がいきにくい所からつける。ファーストタッチが一番色が付くため。ヘアセット用スプレーを髪から2cmぐらい離した位置にスプレーする。髪をセットするスプレーを使う(ソフトタイプ)。
  • 利点: パウダーなので、頭皮にも使えて自然な見た目に。余分な皮脂を吸収し、頭皮を健やかに保ちます。
  • 欠点: 持続力がスプレータイプやマスカラタイプに比べてやや劣る場合があります。

スタイリングタイプ

スタイリング剤が入ったタイプです。
白髪に色をのせつつはみ出た白髪をセットできる。

  • 特徴: 瞬時に広範囲の白髪をカバーできる。使用が簡単で、速乾性があります。
  • 利点: 均一に薄く塗布でき、自然な仕上がりになります。大きな範囲の白髪にも素早く対応できます。
  • 欠点: 風や湿気で色移りすることがあります。

これらのリタッチコスメは、美容院での染色と次の染色の間の一時的な対策として非常に便利です。

【あさイチ】大人のビューティメソッド まとめ

40代からのメイク&ヘアは、ちょっとした工夫で大きく印象を変えることができます。立体的なメイク、ツヤのある肌、今回ご紹介したビューティメソッドを参考に、、あなたも日々のルーティンに新たなビューティメソッドを取り入れ、自分に似合うメイクやヘアスタイルを見つけて、自信を持って輝きましょう!

ダイヤモンド社
¥1,650 (2024/02/05 08:18時点 | Amazon調べ)

コメント