一人暮らしのフローリングの寒さ対策!低予算でできるおすすめ対策

記事内に広告が含まれています。

冬の訪れと共に、一人暮らしのフローリングの部屋が一層寒く感じられるようになります。

一人の部屋で、寒さにお困りの方も多いのではないでしょうか。

フローリングの部屋が寒くてたまらない
なんとかならないかな

しかし、安心してください。暖かく快適な空間を作るための簡単な対策があります。

この記事では、このようなお悩みに対して、暖房費を節約しつつ、冷たいフロアを温かく快適な空間に変えるためのアイディアと、一人暮らしの冬を快適に過ごすための秘訣をお伝えします!

この記事でわかること

・フローリングの部屋が寒いのは熱伝導率が高いから
・寒さ対策はとにかく断熱(壁・床・窓)
・厚手のラグやカーペットと窓の断熱対策を組み合わせるのが効果的

対策の最初の一歩として、こちらのマットをおすすめします↓

スポンサーリンク

一人暮らしのフローリングの部屋が寒い原因

フローリングが寒い原因はいくつかありますが、フローリングの断熱性の問題点と、一人暮らしの部屋の特徴に起因する寒さへの影響に分けられます。以下に詳しく説明します。

フローリングの熱伝導率が高い(冷えが伝わりやすい)

フローリング材料は通常、木材や合成材料で作られており、これらの材質は熱を伝えやすい特性を持っています。

これにより、部屋の温度が低いとき、床からの冷気が直接感じられやすくなります。

一人暮らしの部屋の特徴

一人暮らしの部屋は、炊事スペースと居住スペースがいっしょになっているなど、暖房が部屋全体に効率的に行き渡りにくいことがあります。

角部屋や1階、最上階の部屋は外部からの冷気の影響も受けるためより寒さを感じます。

寒さの原因としては、

・冷たい空気が足元に溜まっている
・床下換気口から冷気が入り込んでいる
フローリング材に合板を使用している
断熱性能が弱い(断熱材が少ない傾向)

などがあげられます。

以下で、冬の寒さ対策について詳細にみていきましょう。

スポンサーリンク

低予算でできるおすすめの寒さ対策

冬の寒さ対策としては、大きく3つに分けられます。

〇壁・床からの冷気を遮断する断熱対策
〇ラグやカーペットによる断熱
〇窓からの冷気の遮断

壁・床の断熱

スチロールフォーム、断熱シート、または反射シートなど、さまざまなタイプの断熱材が市販されています。これらは、断熱性能に優れ、取り付けも簡単です。

床下断熱

フローリングの下に断熱材を敷くことで、床からの冷気の侵入を防ぎます。特に、部屋の角や壁際には断熱材を厚めにすると効果的です。

壁の断熱

外壁に近い部分に断熱シートを貼ることで、外気の影響を受けにくくします。粘着タイプの断熱シートを使えば、簡単にDIYできます。

天井の断熱

特に最上階に住んでいる場合、天井に断熱材を設置することで、上からの冷気を防げます。

ラグやカーペットによる断熱

ラグやカーペットを敷いたり、コルクマットを敷いたりする、床からの冷気を遮断し、足元の温度を保持する効果があります。特に厚手のものを選ぶと、より高い断熱性が得られます。

快適さの向上

柔らかい素材のラグやカーペットは快適な歩行感を提供し、冬の寒い季節に温かみを感じさせることができます。

部屋の装飾としての役割

デザイン性の高いラグやカーペットは部屋の装飾にもなり、居住空間をより居心地の良いものに変えることができます。

移動や取り替えが容易

季節に応じてラグやカーペットを入れ替えることができ、掃除も比較的容易です。

check>>楽天の「ラグ・カーペット」の人気ランキングはこちら

窓の断熱対策

窓の断熱対策は、冬の寒さを和らげる上で非常に重要です。ここにいくつかの具体的な方法をご紹介します。

断熱カーテンの利用

厚手の断熱カーテンは、窓からの冷気を遮断するのに効果的です。内側に断熱材が入っており、熱の逃げを減少させます。夜間や外出時に閉めることで効果を高めます。

窓用断熱シート

透明な窓用断熱シートを窓ガラスに貼ることで、断熱効果が得られます。シートは熱を反射し、室内の暖かさを保持します。

シートは内側から貼るタイプが一般的で、取り付けも簡単です。

check>>楽天の「断熱シート・カーテン」ランキングはこちら

気密性の向上

窓枠の隙間をシーリング材で埋めることで、冷気の侵入を防ぎます。窓枠周辺の隙間は、特に気密性を向上させるのに効果的な場所です。

断熱フィルムの使用

窓ガラスに断熱フィルムを貼ることで、熱の逃げを減らし、冷気の侵入を防ぐことができます。これらのフィルムは、日差しを遮断する効果もあり、夏場の熱中症対策にもなります。

以上の対策を組み合わせることで、より高い断熱効果が得られ、冬の寒さを大幅に軽減できます。また、これらの方法は、暖房費の節約にもつながります。

口コミ・体験談

ラグと断熱シートの組み合わせ

私のアパートは冬になると床がとても冷たくなります。対策として、おしゃれなラグを敷いた上に、下には断熱シートを敷くことにしました。見た目も良く、足元の冷えも感じなくなりました。

窓の断熱対策

古いマンションで、窓からの冷気が問題でした。断熱カーテンと窓用の断熱シートを使ってみたところ、部屋の温度が格段に改善されました。

電気毛布の活用

寝る時に寒さが苦手で、電気毛布を使い始めました。これがとても効果的で、一晩中快適に過ごせています。エアコンをつける時間も減らせて、電気代の節約にもなっています。

Q&A:よくある質問と答え

Q1: フローリングの部屋を暖かくするのに、最もコストパフォーマンスが良い方法は何ですか?
A1: 厚手のラグやカーペットを敷くのが最も手軽で効果的です。さらに、窓の断熱対策を組み合わせると、より高い効果が期待できます。

Q2: 一人暮らしの部屋で、DIYできる断熱対策はありますか?
A2: 窓に断熱シートを貼る、ドアの隙間を防ぐためにドアスワップを設置する、壁に反射シートを貼るなど、比較的簡単にできるDIY断熱対策があります。これらは低コストで実施可能で、効果も期待できます。

一人暮らしのフローリング、冬の寒さを乗り切るために まとめ

フローリングの寒さの原因は、
 ・フローリングの熱(冷え)を通しやすい性質
 ・一人部屋のサイズや構造、断熱材不足
などがありました。

これに対して、基本は、「断熱」でした。
 ・壁・床の断熱対策
 ・ラグやカーペットの利用で床からの冷気を遮断
 ・窓の断熱対策

これらは、比較的、低コストで大きな効果が期待できます。

特に、ラグやカーペットと窓の断熱対策の合わせワザをおすすめします!

これらの対策で暖かい部屋でのんびり、ゆっくりと冬をお過ごしくださいね。

冷え対策の最初の一歩にこちらをおすすめ↓

窓に貼るだけの簡単対策です↓

コメント