【あさイチ 】年末年始に気分をアゲる目指せ美爪スペシャル

記事内に広告が含まれています。
手入れされた爪

爪は年齢とともに水分やタンパク質が減少し、弾力性や厚みが失われることで、割れやすくなったり、縦すじが目立つようになったりします。

NHKの「あさイチ」では、2023年12月11日では、美しい爪を手に入れるためのプロのアドバイスがたくさんありました。

本記事では、あさイチで紹介された情報をもとに、美しい爪を手に入れるためのプロのアドバイスを紹介します。

スポンサーリンク

寒くなると指先の爪が気になる理由は?

皮膚科医の先生に聞きました。

爪が割れやすくなったり、縦すじが目立つようになる最大の原因は爪の血行不良でした。

血行不良 チェックリスト

・手先に冷えを感じる
・爪の色が青白い
・指先にも手荒れがある

スポンサーリンク

血行を良くして爪をきれいにする方法、1日10分で出来ます

STEP1 指の血流アップする

1.最初にすべりマッサージクリーム(ハンドクリームでもOK)を塗る
2.指先をつまんで、指先から指の根本までぐっとマッサージ(上側3往復、側面3往復)


3.指の側面の爪のつけ根から2ミリの部分(井穴・自立神経のつぼ)をいた気持ちいた気持ちいいくらいで10秒押す

STEP2 指の毛細血管を整える

1. 指の上側を根本にむかって6回くるくる円を描きながらマッサージ

2・根元の指と指の間のところを押す

3.指の側面を通って指先にもどる

以上、ふたつのステップで10分です!

その効果は?

・指先が温かくなる、やわらかくなる
乾燥していた爪が潤って割れにくくなった

たった10分ですごい効果ですね。爪だけでなく指もきれいになります。

ハンドクリームを塗った時に習慣にしたらいいですね。

こちらの商品は天然由来成分100%でつくられているので、料理の前や途中でも安心して使えます。

人間の皮脂に近いオレイン酸を多く含むハイブリッドヒマワリ油を配合しているので、しっとりしているのにベタつきにくいですが、潤いが持続します。

無香料、天然ゆずの香り、のばらの香りの3種類があります。

プロ業務用
¥1,191 (2023/12/11 14:10時点 | Amazon調べ)

べたつかず日中使いにおすすめです。

プロが推奨する自宅でできるネイルケアの方法も特集されました。

爪のお手入れ方法

家庭で簡単に実践できるネイルケアテクニックで、美しい爪をキープしましょう。

爪を切るときは爪切りではなく、爪にやさしいネイルシザーや爪やすりを使うことをおすすめします。

爪の表面の薄皮を落としのワザご紹介します。

STEP1 お湯で手をふやかすことで爪の表面の甘皮をやわらかくする

STEP2 キューティクルプッシャー(100均にもあり)で柔らかくする液をつけた指をこする

STEP3 ガーゼでふきとる(※とにかく優しく)

これで驚くほど爪が明るくつやつやできれいになります。

コージー本舗
¥397 (2023/12/11 14:05時点 | Amazon調べ)
ラッキートレンディ
¥518 (2023/12/11 14:07時点 | Amazon調べ)

美爪スペシャリストのおすすめケア商品

美爪ケア方法はこちらです。

MIKAGAMI
¥890 (2023/07/24 23:29時点 | Amazon調べ)

弱い爪を強く改善するための方法をまとめます。

爪の根元をマッサージする

爪の根元には爪の成長を促すツボがあります。
指先の血行をよくして、爪に栄養を届けることができます。

爪に必要な栄養素を摂取する

タンパク質、鉄分、ビタミンAなどが爪の成分であるケラチンの生成に役立つそうです。
肉類、魚類、大豆、レバー、海藻類、などを食べると良いでしょう。

爪を乾燥させない

水仕事や手指消毒剤の使用は爪の水分を奪います。
手袋をしたり、保湿クリームやネイルオイルを塗ったりすると、爪の乾燥を防ぐことができます。

爪を切るときは爪切りではなく、やすりを使う

爪切りは爪の層を崩して割れやすくします。
ネイルシザーややすりは爪の層をキレイに保ち、割れにくくします。

爪に刺激の少ないマニキュアやリムーバーを使う

爪を削らない、強酸性の成分を使わない、オフが簡単なものがおすすめです。

爪の健康や美しさを保つために、自分に合った商品を見つけてくださいね。

コメント