ヨーグルトメーカー 牛乳をパックごとセット・乾燥麹で甘酒作りも

【ハイスマイル コンパクトヨーグルトメーカー】購入 甘酒作りも レビュー 映画・芸術・食
記事内に広告が含まれています。

ヨーグルトメーカーはヨーグルトや甘酒等発酵食が効率的に作れて、いろんな料理にも使えると人気ですね。

自宅で簡単にヨーグルトや甘酒などの発酵食品を作りたいと思っている方におすすめなのが、【ハイスマイル コンパクトヨーグルトメーカー】型番:HS-YG1Aです。

この商品は、温度と時間を自由に設定できる機能や、独自の立体加熱構造など、他のヨーグルトメーカーにはない特徴がたくさんあります。

私はこの商品を購入してから、毎日甘酒を作って楽しんでいます。

今回は、この商品の特徴や使い方、メリットやデメリットなどを詳しくレビューしていきます。【ハイスマイル コンパクトヨーグルトメーカー】に興味がある方は、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

ハイスマイル コンパクトヨーグルトメーカー レビュー

【ハイスマイル コンパクトヨーグルトメーカー】購入 甘酒作りも レビュー
【ハイスマイル コンパクトヨーグルトメーカー】購入 甘酒作りも レビュー

‎今まで温度管理が難しく、作っても失敗続きだった甘酒作り。飲みたくなればお店で甘酒を購入していました。

【ハイスマイル コンパクトヨーグルトメーカー】購入 甘酒作りも レビュー

ハイスマイル コンパクトヨーグルトメーカー 特徴

サイズ13.7×13×28.1cm
重量約650g
コードの長さ1.5m
消費電力30W
タイプ両用タイプ
設定可能温度(最低)25℃
設定可能温度(最高)69℃
最長稼働時間1~99時間
付属専用容器
専用容器容量1000mL
温度調節機能
時間設定機能
自動メニュー機能
自動停止機能
付属品専用容器,軽量カップ,軽量スプーン,牛乳パック用ふた,レシピブック
主な対応メニュープレーンヨーグルト,ギリシャヨーグルト,カスピ海ヨーグルト,甘酒,醬油麹,納豆,天然酵母,鶏ハム,温泉卵,塩麹

ハイスマイルコンパクトヨーグルトメーカープレミアム 使い方

ハイスマイルコンパクトヨーグルトメーカープレミアムは使い方はとても簡単です。

材料を用意する:ヨーグルトを作る場合は、牛乳とヨーグルト菌(市販のプレーンヨーグルトや乾燥ヨーグルト菌)を用意します。甘酒を作る場合は、米と米麹を用意します。レシピブックには、他にもいろいろな発酵食の作り方が紹介されていますよ。

容器に入れる:専用容器か牛乳パックに材料を入れます。専用容器は1Lまで入りますが、発酵すると膨らむので、8分目くらいまでにしておきます。牛乳パックは底辺7cm角のものが使えます。

本体にセットする:容器を本体にセットし、電源コードを差し込みます。電源スイッチを入れると、温度と時間の設定画面になります。

温度と時間を設定する:温度と時間のボタンで、目的に合わせた温度と時間を設定します。スタートボタンを押します。すると、発酵が始まります。

完成:設定した時間が経過すると、発酵が終了します。ブザーは鳴りません。電源スイッチを切って、容器を取り出します。冷めてから冷蔵庫で保存します。

ハイスマイルコンパクトヨーグルトメーカープレミアム、口コミは?

スリムなもの、温度設定がある程度細かいもの、掃除が簡単なもの、付属品が最初からついているものと検討してこれ決めました。

ハイスマイルコンパクトヨーグルトメーカーのメリット

コンパクトで場所を取らない:小型の設計なので、キッチンや冷蔵庫のスペースを取らずに設置できる。
自分好みの発酵食が作れる:ヨーグルトメーカー本体と専用容器を用意し、材料を入れ、スイッチを入れるだけで手軽に作れる。温度と時間を自由に設定できるので、自分好みの発酵食が作れます。
楽しみが増える:発酵食は種類や作り方が豊富。レシピブックには、ヨーグルトや甘酒だけではなく、温泉卵や麹や塩麹なども紹介されています。自分で試行錯誤しながら、いろいろな発酵食に挑戦することができる。
品質が高い:保存料や添加物が入っていないので、安心して食べることができる。

ハイスマイルコンパクトヨーグルトメーカーのデメリット

・温度調整がうまくできないときがある。
・容器が一つだけだと匂い移りが気になる。
・容器の耐熱温度が80℃が限界⇒アルコールスプレーで消毒。

アマゾンの口コミ(1000以上、4.4)と評判がいいですね↓

スポンサーリンク

コンパクトヨーグルトメーカーで甘酒を作ってみた

コンパクトヨーグルトメーカープレミアムで簡単甘酒づくり 

コンパクトヨーグルトメーカープレミアムで実際に甘酒を作ってみました。

【ハイスマイル コンパクトヨーグルトメーカー】購入 甘酒作りも レビュー
材料

○乾燥米麹:250g (1袋の半分量)

○ごはん:180g(約1合分)冷ごはんでもO.K

○水:150ml 

○熱湯:250ml


[作り方]

1. 乾燥麹に水150mlを加えて混ぜ、1時間以上漬けて生麹に戻します。

2. 炊いたご飯に湯を300mlを加えてしっかり混ぜます。

3. 1で漬けておいた麹を加え、全体がよく混ざるようにしっかり混ぜます。

4. 容器に移し、55℃~60℃程度に設定します(麹の糖化酵素の適温)

タイマー8時間セットし、完了後、殺菌したスプーンでよくかき混ぜます。

5. 出来上がったらすぐに冷やします。甘酒が十分に甘くなったら冷やしてください。

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
【ハイスマイル コンパクトヨーグルトメーカー】甘酒作り 自家製 発酵食品 


出来上がりは約850mlくらいです。自然の甘さのおいしい甘酒が作れました

ヨーグルトメーカー専用容器 別売り

Hismile
¥1,500 (2023/07/24 20:09時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

出来た甘酒をそのまま冷蔵庫のドアポケットに入れて保存しています。

スポンサーリンク

まとめ

甘酒など発酵食品が、ヨーグルトメーカーでうまくできるようになりました。もっと早く買えばよかったと思える製品です。コンパクトで軽くて使い易いのがいいですね。

よろしければこちらもご覧ください↓

沖縄 みき 作り方

【あさイチ】スプーン特集 ジャム専用 カレー専用スプーン

コメント