あさイチ ツイQ楽ワザ 9割は捨てられる!紙片付けの極意

あさイチ ツイQ楽ワザ 9割は捨てられる!紙片付けの極意 お悩み解決
記事内に広告が含まれています。
書類の山

12月26日に放送された「あさイチ」の内容をお伝えします。片づけアドバイザーの石阪京子さんに教えてもらいました。

私たちの生活の中で、紙片は意外と大きな存在です。

学校のお知らせや公共機関からの手紙、レシート、メモ、個人的な手紙、さまざまな書類など、これらが乱雑に積み重なってませんか?これらが無秩序に積み重なることで、生活空間は乱雑になり、ストレスの原因となることもあります。また、重要な情報を見失うこともあります。

紙片を整理し整頓することで、以下のようなメリットが得られます。

清潔で快適な空間
効率的な作業環境
ストレスの軽減
時間の節約
情報の管理


そこで、紙片整理のためのコツをご紹介します。

残すべき紙は2種類だけ

1.価値のある紙⇒ブランドの鑑定書、確定申告に必要な書類、登記済権利証・登記識別情報など

2.使う目的のある紙⇒免許の更新はがき、保険証・診察券、学校の提出物、選挙の投票用紙、健康診断の申込書

スポンサーリンク

紙の片付けで重要なことは、何を残すかです。

整理整頓で得られるメリット

  • 定期的な整理:日々の小さな整理が大きな乱雑を防ぎます。
  • 分類と保管:類似の書類は一緒に保管し、分類することで探しやすくします。
  • デジタル化の活用:可能な限り書類をデジタル化し、物理的な紙の量を減らします。
  • 不要な紙の廃棄:整理整頓を行うことで、掃除がしやすくなります。
スポンサーリンク

取扱説明書の廃棄: 海外製の家電やネットで調べられないものを除き、ほとんどの情報はネットで確認できるため、不要な取扱説明書は処分します。

紙片整理のデジタル化戦略:便利なアプリの活用

紙片の整理と整頓には、データ化アプリの使用が非常に効果的です。不要な紙は捨てて、重要な情報はデジタル化しましょう。

便利なメモアプリの例

  • Google Keep
  • Evernote

デジタル化におすすめの書類

  • 年間行事予定表
  • 連絡網
  • ゴミ分別表
  • 健康診断の結果
  • レシピ

これらをデジタル化することで、困った時にスマートフォンで素早く情報を参照することができますよ。

取扱説明書のデジタル管理

  • 取扱説明書アプリ: 家電やデジタル機器の取り扱い説明書を一元管理できます。これにより、紙の取扱説明書を減らし、必要な時にすぐにアクセスできます。

 

紙片整理のための準備

紙片付けを始める前に、以下のアイテムを準備しましょう。

ファイルボックスを6個用意する。
ファイルボックス⇒立てていれるので書類を探しやすい。

実際の手順とコツ

紙片の整理は、シンプルで効果的な方法で行うことができます。ここにその手順を紹介します。

手順1ラベル付け

フォルダーやボックスには、どの書類がどこにあるか一目でわかるように、明確なラベルを貼ります。例えば、「暮らし」「教育」「健康」「マネー」「取説・保証書」「未処理」などのカテゴリーが考えられます。

分類作業: 紙片をそれぞれのカテゴリーに応じて分類します。例えば、パスポートやクーポンは「暮らし」、処方箋や保険証は「健康」といった具合です。

未処理書類: 日の終わりに「未処理」の書類を確認し、捨てるか保管するかを判断します。今は使わないけれど、後で必要な書類は収納ボックスに入れておきます。

手順2: さらに整理

  • 個別フォルダーへの収納: 似た種類の書類は同じ個別フォルダーに入れ、見出しを書いておくと、後で探しやすくなります。
  • 見出しの作成: マスキングテープを使用して、フォルダーごとにタイトルを記入しましょう。これにより、何度も使えるようになります。

PLUS(プラス)
¥700 (2023/12/26 11:54時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

何度も使えるように、マスキングテープにタイトルを記入します。

カモ井加工紙
¥499 (2023/12/26 11:55時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

手順3: 収納と完成

  • 家族に優しい配置: 完成したファイルボックスを家族が使いやすい場所に収納します。これにより、誰もが必要な書類を簡単に見つけられるようになります。


実際に試した人々の体験談

多くの人が紙片の整理整頓をすることで、部屋がすっきりと整い、快適な生活空間を手に入れることができました。

スポンサーリンク

日常生活での小さな工夫

即処理の習慣を身につける ⇒ 郵便物やレシートなどを手にしたら、すぐに必要か不要かを判断し、不要なら即捨てるかリサイクルへ。

専用の「一時置き場」を設ける ⇒ 家の入り口やデスクの端に、「後で分類する」ための一時置き場を設けると、紙片が無秩序に散らばるのを防げます。

長期的な効果を保つ秘訣

紙片付けを持続可能にするためには、以下のポイントに注意してください。

  1. 目に見える成果を重視: 定期的に整理を行い、スッキリとした空間が保たれていることを実感できるようにすることがモチベーション維持につながります。
  2. 家族や同居人との協力: 家族や同居人全員が紙片付けのルールを理解し、守ることで、一人だけの負担が減り、より効果的になります。
  3. 習慣の見直しと調整: 定期的に自分の紙片付けの習慣を振り返り、状況に合わせて調整する柔軟性を持つことが大切です。
  4. ストレスを感じたら休むことも重要: 紙片付けにストレスを感じ始めたら、無理をせず休むことも大切です。リフレッシュ後に再開しましょう。

これらのポイントを意識することで、長期的な効果を保つことができます。

スポンサーリンク

この記事で紹介した「紙片付けの極意」を通じて、私たちは日常生活の中で溜まりがちな紙類の整理整頓の重要性とその方法を学びました。紙類は知らず知らずのうちに大量に蓄積されるものですが、9割は実際には不要であり、効率的な分別と処分を行うことで、生活空間をすっきりと保ち、心の余裕を生み出すことができます。

デジタル化の活用、ラベル付けによる分類、そして定期的な見直しをすることが鍵ですね。

お悩み解決
スポンサーリンク
pmokoをフォローする

コメント